FC2ブログ
高校生の心に、火を灯す授業|キャリア学習プログラム「カタリ場」

登山初心者専門コンサルタント~ 山登り/アナタの何でも相談室

初心者のアナタのために、初心者専門の「登山コンサルタント」が誕生しました。お気軽にご連絡ください!


検索フォーム 


プロフィール 

風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 45年。  只今、登山休止中。

なが~~く、友達でいよ~ぜ!


ひよこカウント 

ご訪問ありがとう

また来てね~


メールフォーム 

気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールありがとう


カテゴリー 


天気予報 

登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

安全登山を身につけましょう!


京都府立大山岳部遭難:「山に慣れていたが」 学長会見他

「山に慣れていたが」
京都府立大山岳部遭難 学長会見


京都府立大山岳部の助教と学生の計3人が北アルプスで遭難し、
大学院生の櫻井聖悟さん(25)の遺体が収容された事故で、
府立大は28日午前、京都市左京区の大学で会見し、竹葉剛学長が
「伊藤(達夫)先生は山に慣れていて、現場の判断で(登山に)出発した。
こういう形になって大変残念に思っている」と無念さをにじませた。

 山岳部顧問の牛田一成教授によると、同日午前10時半の長野県警
からの連絡で、遺体発見現場近くに雪洞らしきものがあり、県警が捜索
しているという。

 牛田教授は、引率した伊藤助教について「彼は日本でナンバーワンに
近いレベルの登山者。日本であの地域を庭のように分かっているのは彼
だけだ
」と話し、まさかの事故を悔やんだ。
今回の登山計画は今月10日ごろに牛田教授が承認した。現地に低気圧が
接近していることは3人も分かっていたとみられ、「(出発は)経験豊かな
伊藤助教の現場判断に任せた」(牛田教授)という。

 同行した櫻井さんと3年の安西愛さん(20)も、積雪期の登山を2シーズン経験し、
牛田教授は「計画自体に問題はなかった。脱出ルートも設定されていたのだが。
事故原因はまだよく分からない」と話した。



現在は男子7名女子1名の計8名で活動している体育会山岳部。
唯一の女性部員が主将の安西さんでした。

黒部・剱をフィールドにしており、丸山東壁から源冶郎尾根側壁への継続や
大タテガビン南東壁から八ツ峰への継続に成功した実績を持った山岳部です。

当時の積雪状況を富山県警HPで見ますと

4月20日現在の、立山、剱岳を中心とする北アルプスの積雪は、
  ○ 室堂平(標高2,450m)で6.3m(昨年7.2m)
  ○ 弥陀ヶ原(標高1,930m)で3.8m(昨年4.8m)
  ○ 馬場島(標高750m)で0cm(昨年20cm)
で、昨年よりも少なくなっています。
 標高の高い所では、今後も降雪時の表層雪崩が予想されることから、谷筋や傾斜地では
十分に注意すると共に、標高2,000m以下の所では、ブロック雪崩やスノーブリッジの崩壊等に
注意して下さい。



ということで、雪崩の危険性を警告しています。

積雪・雪ぴの状況
(積雪) 例年よりやや少なめ (3月下旬調査)
場所
目測最高

八方池山荘周辺 1.0メートル
八方尾根上部~唐松岳 2.0メートル
遠見尾根~鹿島槍ヶ岳 2.0メートル
天狗原~白馬岳 2.0メートル


(雪ぴ) 例年、富山県境稜線は大きいところで約5メートル長野県側へ張り出す
尾根についても例年同様、崩壊、踏み抜きに注意。

雪崩の危険箇所
気温の上昇に伴う新雪の表層雪崩、雪ぴの崩落等に十分な注意が必要。
特に、白馬大雪渓、鑓温泉、針ノ木雪渓等沢筋を通るルートは、雪崩発生の危険性が高いので注意。

滑落の危険箇所
北アルプス一帯は、春山も残雪が多く登山道がほとんど出ていない。稜線や尾根上がルートとなるため、雪上スリップによる滑落の危険性が高い。
特に、針ノ木岳上部、鹿島槍ヶ岳赤岩尾根・天狗尾根・東尾根、鑓温泉、杓子尾根、白馬岳主稜は雪上スリップが多い。(長野県警HPより)



この時期の気象状況は、数日の周期で変わり、平年に比べて晴れの日が多い。
寒暖の変動が大きい見込みです

北海道・東北地方でも大雪が観測された時期であり、高高度では、低温に襲われた可能性がある。

春山の天気は要注意!!

春は、低気圧と高気圧が交互に近づくため、天候が短期間で大きく変化します。

低気圧が近づくとその前には、暖かい湿った空気が入りこみ、気温の上昇に伴って
雪崩の発生しやすい状態となります。

また、低気圧の後には高気圧が訪れ、寒冷前線とともに北の冷たい空気が入りこみ、
山岳地帯では吹雪となることがあります。

この時期、里は春ですが山岳地帯は厳冬期となることもありますので、
天候に十分注意して行動しましょう。



彼らはこのことを知っていて、なお、遭難に遭いました。
充分に気をつけていても、危険が襲ってくるのがこの時期の山です。

もう一度、気を入れ直して出かけましょう!

関連記事
スポンサーサイト
2009/05/02 08:34|最新山と温泉情報TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://tozansupport.blog.fc2.com/tb.php/702-6b0e3f00


応援し隊~カタリバ 

東日本大震災後、一人ひとりの寄付/募金でできた放課後学校 / コラボ・スクール


QRコード 

携帯電話から簡単アクセス

QRコード


山情報のリンク 

お気に入りに登録する

お気に入りに登録する


スポンサード 

アウトドアシーンに使える「ワークマン」


RSSフィード 

ご自由にどうぞ!

Copyright(C) 2006 登山初心者専門コンサルタント~ 山登り/アナタの何でも相談室 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.